お気に入りに追加

Misatomore 1.0.0.1

スポンサードリンク

インターネットを通じてブラウザから遠隔地のPCをコントロールするCGIプログラム

Misatomore
ソフト種類: Freeware
日付追加: 2009-03-17
対応OS: Windows XP,Windows 2000,Windows 98,Windows Me
ファイルサイズ: 260KB
ソフト作者: BOSUKE

対応言語

Misatomore 1.0.0.1】の開発者説明

Advertisement
------------------------------------------------------------------------------
☆ 概要
------------------------------------------------------------------------------
MisatomoreはWebサーバーが動いているPCのデスクトップをキャプチャしてブラウザに
PNG画像として送信します。また、送られてきた画像をクリックすることで、対象のPCを
遠隔操作することができます。

安全性向上のためにパスワード、接続ホスト名(IPアドレス)によるアクセス制御を
行うことができます。

------------------------------------------------------------------------------
☆ インストールと使い方
------------------------------------------------------------------------------

MisatomoreはCGIプログラムであるため、使用するためにはCGIが利用可能なWindows上で
動作するWebサーバーが別途必要です。
Misatomoreを導入する前に、Webサーバーが正常に動作することを確認してください。

1:Misatomoreの設定を行う
・Setting.exeを実行し、設定を変更するMisatomoreファイル(Misatomore.exe)を
 指定します。

・パスワードを指定します。
 パスワードは英数字で構成される6文字以上99文字以下の文字列にしてください。

Misatomoreのフォルダを指定します。
 imgctl.dllやこのReadMeファイルが保存されているフォルダを指定します。
 
 (注)Misatomoreはこのフォルダにセッションファイル(session.bin)を
    作成します。セッションファイルがインターネット上から閲覧可能な
    場所にあると大変危険です。必ずWebサーバーとは別のフォルダを
    指定するようにしてください。

・必要に応じてアクセス制御の指定を行います
 ホスト名(IPアドレス)によるアクセス制御の指定を行います。
 Misatomoreにアクセスする場所がいつも同じなどといった場合は、安全性を
 高めるためにも適切なアクセス制限を掛けることを強く推奨します。
 
 アクセス制限の指定は、以下のように行います。
 
  + 192.168.0.*
  + *.foo.com
  - *
     "ホスト名をアクセス制御に利用する" --- ON
 
  ・1行ごとに「+/- 空白 IP/ホスト名」のフォーマットで指定する。
  ・先頭に+を付けるとアクセス許可。-を付けるとアクセス拒否。
  ・ワイルドカード(*/?)を利用できる。
  ・上の行ほど優先度が高い。
  ・ホスト名をアクセス制御に利用するときは
   "ホスト名をアクセス制御に利用する"のチェックボックスをONにする。
  
 上記の例だと、IPアドレスが192.168.0.XXX(XXXは任意)であるホスト、
 または、ホスト名が~.foo.com(~は任意)であるホストのみがMisatomore
 利用できます。そのほかのホストからのアクセスは"- *"という指定によって
 全て拒否されます。
 
 "ホスト名をアクセス制御に利用する"をONにしている場合で、Webサーバーから
 環境変数"REMOTE_HOST"が渡されなかった場合、Misatomoreはホストの逆引きを
 自ら行います。そのため逆引きが行えない環境で、この項目をONにすると
 処理のタイムアウト待ち時間のために反応が極端に悪くなることがあります。

・最後に、設定保存ボタンを押して設定を保存する。

2:MisatomoreをWebサーバーに設置する
1:で設定情報を書き込んだMisatomoreファイルをWebサーバーに設置し、CGIとして
動くようにWebサーバーを設定します。設定方法は、各Webサーバーソフトの
マニュアルを参照してください。

「付録」フォルダ内に、いくつかの有名なWebサーバーソフトについてMisatomore
動作させるための設定の仕方を記載しておきました。参考にしてください。

(注)Apache(Win 2000/XP)でMisatomoreを正常に動作させるためには、
  サービスの設定を変更する必要があります。
  詳しくは、「付録」フォルダ内のApache.txtを参照してください。

3:使ってみる
MisatomoreをWebサーバーに設置できたら、ブラウザでMisatomoreにアクセス
してみてください。その際、JavaScriptとCookieを有効にしてください。
成功すればログインページが表示されるはずです。
ログインページで1:で指定したパスワードを入力するとMisatomoreのメインページに
移動します。

メインページではWebサーバーが動いているPCの現在のデスクトップの様子が
表示されます。画像上でクリックすると、実際のPC上でも同じことが再現されます。
右クリックなどを行いたいときは、コンボボックスから望みの動作を選択した後、
画像をクリックしてください。

約5分間なにも操作を行わないと、セッションタイムアウトとなります。
その際は、ログインページから再ログインしてください。

ログインページに戻るとログオフされます。


【 動作環境 】 Windows 98/Me/2000/XP CGIを実行できるWebサーバーが必要

プログラム関連 Misatomore

よくある質問 | ご利用案内 | Copyright 2002 - 2010 BrotherSoft.com All rights reserved. リンクについて | 初めての方 | Weeebs.com | AfreeCodec.com